トップページ » 福祉医療トピックス » その他 » 要介護認定 新規申請の上限延長

要介護認定 新規申請の上限延長

昨年、区分変更認定及び更新認定における要介護から要支援、または要支援から要介護に変更となった場合の有効期限について、上限が12ヶ月までに拡大されました。

これに続き、これまで上限6ヶ月とされていた新規申請の場合の要介護・要支援認定の有効期限が12ヶ月に延長とされました。

平成24年度介護報酬改定に関するQ&A 発出

3月16日に通知されたQ&A(vol.1)に続き、30日付けで厚生労働省よりQ&A(vol.2)が発出されました。Q&A(vol.1)の訂正項目や新規加算の届出に必要な情報も含まれております。

介護保険の第1号保険料 4,972円

厚生労働省より、第5期介護保険事業計画(平成24~26年度)における介護保険料(第1号保険料)の全国平均が4,972円と発表されました。

震災の影響等による保険者を除く1,566保険者を対象としており、第4期の4,160円と比べて812円の値上げとなったが、懸念されていた5,000円台には達しなかった。

また、金額別分布では「4,501円以上5,000円以下」が532保険者で最も多く、最も安い保険料は北海道奥尻町、津別町を含む2,800円、ついで中札内町、浜中町の2,900円。最も高い保険料は新潟県関川村の6,680円となった。

北海道平均では、第4期3,984円から第5期4,631円と647円の値上げとなった。

(参考)第4期と第5期の保険料基準額の状況
引き上げた保険者   1,464
据え置いた保険者     77
引き下げた保険者     25

また、第5期介護保険事業計画で新サービスの実施を見込んでいる保険者は次の通りである。

第5期介護保険事業計画新サービス実施見込保険者数

2012年度 2013年度 2014年度
定期巡回・随時対応サービス 190 284 330
複合型サービス 110 186 234

『要介護認定 新規申請の上限延長』はお役にたちましたか?
「いいね!」をクリックして感想をお寄せください!