トップページ » 医業経営総合支援 » 開院後の業務支援サービス

開院後の業務支援サービス

いよいよ診療所経営がスタートします。院長先生を始めご家族、スタッフなどの生活基盤となりますから、半永久的に繁栄し続ける医院になるために、その経営状況を的確に把握する必要があります。

医院業績に大きな差が生じるのは、その状況を的確に把握せず、何ら手を打たないが為に生じる格差も多々ございます。

その為にも、「ヒト」「モノ」「カネ」の経営資源を最大限活かす経営を実践する為に経営支援を行って参ります。

月次会計監査業務

月次経営実績を把握するための会計データと税務申告を前提とした会計データとの2つの役割を持つものが、「月次損益計算書」「月次貸借対照表」です。我々は2つの視点から常に院長先生へ毎月定期的に正確な会計データを提供致します。

提供内容

  • 月次損益計算書、月次貸借対照表
  • 2期比較財務諸表
  • 医業収益構成分析と原単位経営指標の提供
  • 月次監査業務おける会計指導、記帳指導など

資金管理と経営諸問題の相談

損益計算書上の「利益」と「資金」とは、必ずしも一致しません。よく経営には、「利益があるのにお金が無い」「利益は無いのにお金がある」などの不可解な疑問が生じてきます。毎月の訪問の中でこれらの疑問にしっかり対応いたします。

また、先々の見通し(予算化・先行投資・スタッフ増員)などの検討事項に対しても、具体的根拠を示し院長先生の判断材料を提供します。

提供内容

  • 予算と実績の差異分析
  • 必要に応じ月次資金繰り検討資料
  • 税務申告時の納税見通し、納税資金対策の提案など
  • スタッフ増員による資金計画の検討 など

新規事業分野進出の検討相談

これまで医療法改正等の制度改革を踏まえ、医療事業・介護事業分野への事業領域を広げる先生方が増えてまいりました。

私どもでは、これまでの経験と行政とのつながりの中で、院長先生方の事領域拡大に向けたサポートを支援して参ります。

支援内容

  • 新事業領域の現状と開設要件等の整理報告
  • 新事業の事業計画立案と資金計画のプランニング
  • 開設に向けた運営ノウハウの提供と開設申請代行等(別途有料)
    (新規開業と同様に必要支援体制で応援します)

確定申告業務

月次監査業務をベースに、毎年3月確定申告(個人事業者)を行います。正しい納税額を算出し年間の納税計画を立てながら、事業資金及び家計資金の把握をお手伝い致します。

また、合法的な見地から有利選択が可能な申告方法を提案しながら、節税に資するよう考慮して対応致します。

提供内容

  • 決算事前相談の実施
  • 1年間の事業損益決算業務 (決算書・総勘定元帳の作成)
  • 確定申告書の作成 (事業所得以外の所得を含む)
  • 納税計画のスケジュール表提供

決算診断書の提供

とかく自医院の経営状況が、他医院と比較してどの程度なのか? という不安と悩みにお答えできるよう、医院の経営力を「決算診断」で報告させていただきます。過去2期分の決算報告書内容からTKC医業経営指標との比較により、医院の強み・弱みを分析し改善のご提案を行います。

提供内容

  • 収益性の分析
  • 生産性・安全性の分析
  • 損益分岐点分析と経営安全率分析
  • 診療科目別統計指標の提供

ご相談ください、こんな悩み事。

「施設の経営に不安が・・・」「他の施設はどんな取り組みをしているの?」そんなお悩みを抱える経営者様、職員様をサポートいたします。初回のご相談は無料となっておりますので是非、ご相談ください。

無料相談はこちらのメールフォームへ

『開院後の業務支援サービス』はお役にたちましたか?
「いいね!」をクリックして感想をお寄せください!