トップページ » 福祉医療トピックス » その他 » 「情報開示請求」と「閲覧」の違い

「情報開示請求」と「閲覧」の違い

情報開示と閲覧の意味合いをよく混合することがあります。例えば、今回医療法人の「事業報告書等」に関する情報公開に関して確認してみました。

  • 【情報開示請求とは】
    北海道の場合、情報開示請求があった場合には、①北海道議会情報公開条例と②個人情報保護法に抵触しないかどうかを判断し請求された内容にイエスorノーを判断します。
  • 【閲覧とは】
    一般的に、①誰でも②無料若しくは一定の料金を支払って確認できる制度です。

医療法人の事業報告書等は、「閲覧」ができるように医療改正で制度化されておりますので、詳細は顧問税理士または当社までご質問下さい。

ご相談ください、こんな悩み事。

「施設の経営に不安が・・・」「他の施設はどんな取り組みをしているの?」そんなお悩みを抱える経営者様、職員様をサポートいたします。初回のご相談は無料となっておりますので是非、ご相談ください。

無料相談はこちらのメールフォームへ

『「情報開示請求」と「閲覧」の違い』はお役にたちましたか?
「いいね!」をクリックして感想をお寄せください!